MEET THE WORLD BEAT 2004@大阪万博公園もみじ川芝生広場


暑さに負けず行ってきたよ、MEET THE WORLD BEAT 2004。サクサクっと感想を。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
選曲にイベントの雰囲気も手伝って意外にポップなステージやった。でもアジカンのポップは好きなので◎。ごっちんの背が低いのか?他のメンバーが高いのか?ってずっと気になってた。


スキマスイッチ
デビュー曲しか知らなんかったけど演奏が安定してた。アフロが暑そうやった。


●EGO-WRAPPIN'
よっちゃんが尋常じゃなかった(もちろん褒め言葉)。帽子ほっとけばいいのに、って会場の全員が思ってたはず。


Janis Ian
ギターうま!歌いながらのギターうま!空模様と雷鳴のせいで観客落ち着かず。


●YUKI
いわゆる「奇跡の名盤"commune"の愛に満ち溢れた中〜後半の完璧な流れ」的な期待は打ち砕かれる。衣装もパワーもジュディマリなんだもの。カワイイ。人妻カワイイ。


Leyona×佐藤タイジ
実はシアターブルックはあんまり好きではないんやけどね、一昨年のwith町田康に引き続き、MEETで見る佐藤タイジはいつも素敵です。


東京事変
生林檎!昔のアイドルばりの衣装で登場。やっぱ存在感はすごいです。生亀田師匠!ベースをギターみたいに弾いてたのが圧巻。髪型もう普通なのね。で、東京事変初お披露目やったわけですが、デビュー曲が意外にキャッチーでポップやった。あと椎名林檎の時はやたら変態的なギターが際立ってたけど、このバンドはヒイズミ氏(PE'Z)のピアノがキーになってて全体的にジャジーちっくになりそう。これは期待大。


スネオヘアー
とにかく喋りすぎ。持ち時間の短いサブステージなのに曲演らずにやたら喋る。客いじる。恐れてた事態が、、、と思いつつも客を上手くつかめてたから良かったのかも。歌詞とんだりギターのジャックはずれたりやったけど全体のバランスは良かった。ミスチル目当てのファンとかには好感触やった、と思う。誰かが言ってたのを聴いたわけじゃないけど、そう思う。


RIP SLYME
まったく予想できなかったシークレット。盛り上げ上手です。楽しや楽しや。ここで俺なにかが弾ける。そして客は数分前のスネオのステージの記憶が飛んでしまう。ちなみに俺のシークレット予想は、スキマスイッチのキーボード、池ちゃん(SUPER BUTTER DOG)、MOBY(スクービードゥー)の「アフロ3兄弟」、もしくは大穴でごっちん(アジカン)、松本(GOING UNDER GROUND)、岸田(くるり)のメガネ3兄弟でしたが大ハズレ。


●The Rolling Bloody Jr.High!
この時だけ唯一メガネ着用してみた。グローバー(Jakson vibe)体デカすぎ。んで、生で見る安めぐみかわいすぎ、すごくすごくカワイイ。スネオ今度はベースのシールドはずす。


ポルノグラフィティ
すんごい高音を苦しそうに歌ってるようにみえるんだけどしっかりと歌えてるのがスゴイ。でもバックバンドもスタッフも含め、それでいいの?でした、ファッションが。とりあえずミュージックアワーだけ極端にのってみた(これくらいしか知らんかったから)。


一青窈
夕暮れ空にアコギ、パーカッション、アコーディオンのシンプルなアレンジが温かった。"君と君の好きな人が百年続きますように"。


Mr.Children
桜井さんは終始目を細めてニコニコしてた。言ってしまえば桜井さんはそこにいるだけで、歌わなくてもいいのかもしれない。ミスチルのLiveはOasisのそれと同じように会場全体に大合唱が起こり、彼が声を発していなくても、ちゃんと曲が生まれ成り立ってしまっているのだから。ミスチル以外の他のアーティストを見に来た人であっても誰もが一緒に歌うことのできる、まさに国民的バンドなんです。「君がいた夏」(こりゃ反則!)や「innocent world」の大合唱がすべて物語っていたように。感動。